2011年 09月 05日
ビフォアー&アフター
今日は画像修正について。
年に何回かしか出来ないダイビングでの失敗写真はかなり痛い。
でもRAWデータで撮影しているとピントさえキチンと抑えておけばブログに乗っけるくらいの画像ならばどうにかなる場合もある。

まあこの辺は絶対に補正しない人とかもいるから人それぞれだろうけど、遊びの一つですからあんまりこだわってません(笑)。

前回のダイビングでISO感度が上がりっぱなしで白飛び失敗画像がこれ↓
c0213806_23425858.jpg


これをphotoshop elementっていうフォトショップの素人向けのソフトを使って・・・。
まずはRAW現像して、あとはツブツブを補正して、明るさとコントラストをイジる。時には色調整とシャープなんかもかけます・・・。なんのこっちゃわかんないかもしれないけど、やってるのはこれだけです。

まあ、そんな作業をこの場合は30分位でするわけですが、コンデジの頃のハレーション一粒一粒直してた頃よりは補正の技術は上がってます。撮影の技術より上だな(笑)。

そうすっとこんな感じに・・・。
c0213806_23473958.jpg


どうっすか?賛否両論(笑)。
[PR]

by nokgirizame2 | 2011-09-05 23:48 | 水中写真


<< トリミングと構図      台風の進路 >>