2012年 07月 13日
いじめについて
c0213806_0271427.jpg
毎日ニュースでいじめに関する報道をしてるけど何か違和感を感じる。

いじめと自殺の因果関係、学校・教育委員会の対応、客観的すぎる分析、マスコミの似たケースのいじめ→自殺→学校の対応のスクープ・・・・どれもズレてんじゃねぇかなあ。
「自殺の練習をしてました」それを隠蔽したことへのバッシング。教育委員会に何を期待してるんだろう?学校の先生なんて一般の社会人以上に非常識なことなんて誰もが通ってきた学校で見てきたじゃんか。

問題は「子供が自殺をしたこと」。最近多いからニュースとしては刺激がないというマスコミの判断からかニュースだってその日やって終わりだけど、子供が自殺してるって言う事ってこの国にとって売春が趣味の東電OLが殺された事件なんかよりもよっぽど大事なことだろう?

ガッコじゃねぇよ、まず親だろう。なんで気づいてやれなかった?なんで学校に行かせる?
自分の子供がこれからそんな状況になるかもしれない、もしかしたらそういう状態なんじゃないかって。ガッコの先生なんてただの事務員だぞ。

マスコミも政治家も「いじめのない社会を」だって?ちゃんと人間を見てない以外何者でもないね。
いじめはなくならない。おめーらの会社にだってあるだろう?大人だってやってんだぜ。
だから仕方がないって言ってるわけじゃない、取り組み方を変えようよ。

文句ばっかり言いたいわけじゃない。
提言は二つ。俺はまず自分の子供に言おうと思う。

子供に言うことその①
「自殺は絶対にすんな」
少なくても二人はとっても悲しむ人がいる。
そして回りにそういうことで悩む親がいたら言ってみようと思う。心が折れそうなら学校なんて大したことじゃない、その分の勉強なんて家でもできる、体育なんてはその辺走ってりゃいいし。好きなことを見つけよう。絵を描くことでも、運動でも、アワビ磨きでもなんでもいいじゃん。そんで誉めてやろうって。

子供に言う事その②
「卑怯なことはすんな」
集団でいじめること、回りの空気になんとなく同調すること、見てみぬ振りをすること。自分で解決できなければ俺に言え。助けてやれとは言わないけど自分がされることを考えて行動しろ。

そんなことをここ数日モヤモヤ考えていたので今日はオジサンまじめに文章書いてみました。
九州出張中のビジネスホテルにて
[PR]

by nokgirizame2 | 2012-07-13 00:27 | つれづれ・・・・


<< 一蘭好き      夏が来る・・・・ >>