2012年 09月 20日
セルフダイビングの楽しみ
 セルフダイビングって自分中心以外の団体行動が不得意な俺にとってはすごく合ってるスタイルだと思う。

セルフダイビングって時間の自由とか、コストがかからないとか、撮りたい被写体だけのダイビングができるとか良い面も色々とあるけど、自己管理の下ナビゲーションも魚探しも減圧の管理もちゃんとできないとダメだから大瀬でも1割くらいの人しかやってないのかな。

 このところ1人で遊びに行くことに子供の抗議行動があったり、ゴルフ始めたりで立て続けに潜るってことがなかったからお店で把握してるネタを聞いてそこへ行って写真を撮るっていうスタイルが続いていた。

それがこの1ヵ月間は海水浴間も含め8本潜れていて、さらに今回は3本目まででそれなりの写真が撮れ、さらには湾内はそんなに魅力を感じず、外海は潜水禁止、それでも4本目潜りたい感じだったから久しぶりに行くとこ決めずにネタ探し的なダイビングを先端でしてみようと・・・・。

この日3本目の先端、水深25mくらいを徘徊してあわよくばカエルアンコウ類なんか探せちゃったりするかなぁなんてウロウロ。
こういうときの心の余裕はダイビングはいい方に向くと思う。
ガツガツしないでダイビング自体を楽しみながら25mでオルトマンなんか撮っちゃったりして「おーこんなとこでこんなことしてエアーの無駄だ」なんて1人で突っ込みながら探していたら・・・・

いました!2~3センチのイロカエルアンコウ。
見つけたときにはライト照らしてなかったから茶色っぽく見えたけどライト当てたら綺麗な赤。
この水深でこの赤って意味あるのかなぁ(笑)。

こういうの見つけたときのうれしさがセルフダイビングの一番の醍醐味だなぁって再確認。

やっぱり大瀬はいいね。
c0213806_12382949.jpg

[PR]

by nokgirizame2 | 2012-09-20 12:38 | 水中写真


<< クダゴンベのシッポ      クダゴンベ祭り >>