タグ:水中写真 ( 118 ) タグの人気記事

2012年 10月 05日
口開けたクダゴンベはちょっと怖い・・・・
こんなふうにすました感じでいるとなんか品のあるサカナ(オタク的表現だな)に見えるけど
c0213806_2223992.jpg


口開けるとなんか雰囲気一変・・・・・
c0213806_22244549.jpg

ちょっと怖いんですけど・・・・・。
次は21日に出撃予定。それまでいるかなぁ・・・そろそろイロやクマドリのチビも出そうな時期だし・・・・・あー早く行きたい。
[PR]

by nokgirizame2 | 2012-10-05 22:25 | 水中写真
2012年 10月 03日
自然に見えるけど不自然なミジンベニハゼ
サザエの殻に入ってるミジンベニハゼ、「やっぱり缶とかビンとかじゃなくて自然物に入ってるといいね」とか自分でも行ってた気がするけど、毎日のように何百枚ものミジンベニハゼの写真を眺めているとふと気付いたことがある。

「ミジンのいるとこにはサザエはいねぇ」
経験上サザエは海草の生えてるとこ、ってことは光が十分届くとこ、具体的には10mくらいの岩礁地帯にいるけどミジンのいる砂&泥、あるのは人口物のタイヤとか岩なんてほとんど無いトコにはサザエはいないね。

まあそんなつまんないツッコミを入れましたが俺はこういうの嫌いじゃないです。
ミジンだって良い家見つけたって喜んでるだろうし(多分・・・・)。
c0213806_23575614.jpg
c0213806_2358648.jpg

[PR]

by nokgirizame2 | 2012-10-03 23:57 | 水中写真
2012年 10月 02日
なぜか撮ってしまう深場でのオルトマンワラエビ
何も25mの水深でいれる時間が少ない時にオルトマン撮る事も無いんだけど背景が魅力的だったり個体が小さかったりするとつい撮っちゃう・・・・。

「何もここで取る必要ないのに・・・」とか独り言言いながら・・・・。

そんで大抵はやめておけばよかったと後悔する写真が多い(笑)。

そんなオルトマンワラエビの写真
c0213806_21281937.jpg

[PR]

by nokgirizame2 | 2012-10-02 21:28 | 水中写真
2012年 10月 01日
俺は餌か?イロカエルアンコウのエスカ
この人確信的にエスカ振ってました。
探した時は岩のようにひっそりとしてたのにライト当てたりストロボ焚いたりし始めた途端にエスカを振り始めました。
指でも近づけたら食いついたかなぁ。

こういう仕草がカエルアンコウ類はたまらない魅力なんだよなぁ。
ライト当てるとそっぽ向くハナタツの仲間も奥ゆかしくていいけど・・・。
c0213806_23134528.jpg

[PR]

by nokgirizame2 | 2012-10-01 23:17 | 水中写真
2012年 09月 30日
がんばれクダゴンベ
この台風でクダゴンベはどうだろう?
ちょっと東側から上陸したみたいだけどちょうど進路の東側大瀬は大丈夫かな。

台風をどうにか凌いでもらえれば台風後の生物はかなり期待できるけど10月21日までいけないなぁ。

クダゴンベの写真まだまだあります。

c0213806_20344332.jpg


ちょっと口開いてるやつ

c0213806_20351117.jpg

[PR]

by nokgirizame2 | 2012-09-30 20:35 | 水中写真
2012年 09月 27日
ちょっと一休み的キンギョハナダイ
まだまだ写真があるんですが、ネタはミジン、クダゴンベ、イロカエル、ミナミハコフグしかないのでちょっと御新香的な写真を載せようと思います。

キンギョハナダイとか撮影する時は流れがあるときのほうが撮りやすいですね。

あ、ミジンも一枚載せとくか・・・・。
c0213806_2353155.jpg
c0213806_23532844.jpg

[PR]

by nokgirizame2 | 2012-09-27 23:53 | 水中写真
2012年 09月 26日
開けたミジンと絞ったミジン
昨日から富山にいってきました。
一応仕事がらみだけど富山の大男の家に泊めてもらって笑い転げてきた。やっぱり笑うと身体にいい気がするなぁ。
新しい出会いもあったし、色々と考えさせられる事もあったし、この魅力的な一家にはもっと会ってたいって思うな。
そうそうこれ見てください↓この家の魅力の一端が垣間見えます。
http://handmade.tantantime.shop-pro.jp/

写真の方はやたらいろんな開放値とシャッタースピードの組み合わせで撮ってるのでたまたま同じ様な写真で開いたの(といってもf7.3くらい)と絞ったの(f14)があったので並べて見ました。

どっちがいいってのは好みですかね。どっちが上手い写真かもわかりません。
数少ないこのブログをご覧になってくださってる方はどちらが好きですか?
俺は最近絞ってアンダーでちょっと悪そうなチョイ悪(古・・・)写真が好きです。
「f7.3 1/125」
c0213806_23532318.jpg

「f14 1/100」
c0213806_23533831.jpg


撮影距離は最短かって言われるともうちょっと寄れるかな、ただこのビンの丸が必要なので・・・・。
そんでこれ以上開けるとピントが合ってる写真の確率激減、これ以上絞ると俺のストロボじゃ手に負えない・・・・。
まあ、いつもそんな中途半端な写真です(笑)。
[PR]

by nokgirizame2 | 2012-09-26 00:07 | 水中写真
2012年 09月 21日
クダゴンベのシッポ
クダゴンベのシッポって意識してみた事なかったし、レンズが105ミリなので寄ると上半身と言うか頭の方だけしか写らないし、そもそもそんなに沢山取れる水深にいることが少ないから数少ない出会いの中でもシッポってどうなってるか知らなかった。

クダゴンベのシッポ・・・・・・意外と地味だった・・・・・。

このチェック柄からすればもっとシマシマだったり、斑点があったりしても良さそうなもんだけど(笑)。

今週末クダゴンベが気になるけど明日はゴルフ、明後日はクダゴンベのいる水面で海水浴。

さあ、寝よう・・・・。

c0213806_23562950.jpg

[PR]

by nokgirizame2 | 2012-09-21 23:56 | 水中写真
2012年 09月 20日
セルフダイビングの楽しみ
 セルフダイビングって自分中心以外の団体行動が不得意な俺にとってはすごく合ってるスタイルだと思う。

セルフダイビングって時間の自由とか、コストがかからないとか、撮りたい被写体だけのダイビングができるとか良い面も色々とあるけど、自己管理の下ナビゲーションも魚探しも減圧の管理もちゃんとできないとダメだから大瀬でも1割くらいの人しかやってないのかな。

 このところ1人で遊びに行くことに子供の抗議行動があったり、ゴルフ始めたりで立て続けに潜るってことがなかったからお店で把握してるネタを聞いてそこへ行って写真を撮るっていうスタイルが続いていた。

それがこの1ヵ月間は海水浴間も含め8本潜れていて、さらに今回は3本目まででそれなりの写真が撮れ、さらには湾内はそんなに魅力を感じず、外海は潜水禁止、それでも4本目潜りたい感じだったから久しぶりに行くとこ決めずにネタ探し的なダイビングを先端でしてみようと・・・・。

この日3本目の先端、水深25mくらいを徘徊してあわよくばカエルアンコウ類なんか探せちゃったりするかなぁなんてウロウロ。
こういうときの心の余裕はダイビングはいい方に向くと思う。
ガツガツしないでダイビング自体を楽しみながら25mでオルトマンなんか撮っちゃったりして「おーこんなとこでこんなことしてエアーの無駄だ」なんて1人で突っ込みながら探していたら・・・・

いました!2~3センチのイロカエルアンコウ。
見つけたときにはライト照らしてなかったから茶色っぽく見えたけどライト当てたら綺麗な赤。
この水深でこの赤って意味あるのかなぁ(笑)。

こういうの見つけたときのうれしさがセルフダイビングの一番の醍醐味だなぁって再確認。

やっぱり大瀬はいいね。
c0213806_12382949.jpg

[PR]

by nokgirizame2 | 2012-09-20 12:38 | 水中写真
2012年 09月 17日
クダゴンベ祭り
大瀬に行ってきました。

いやークダゴンベが4匹いるそうです。

クダゴンベサイコー。オカワリしちゃった。

今日は4本潜ってきました。
1本目湾内、予想外の激流でミジンを目前に撤退。

2本目先端でクダゴンベを探すも迷走、そこに相原店長現われ教えてもらい無事撮影。

3本目2本タンクを先端まで持ってきたので休憩中にサザエを磨く(笑)。クダゴンベオカワリ。結局4個体のう
ち1個体しか見れなかったけど十分楽しめた。

4本目さらに先端。外海が潜れない、湾内のネタはイマイチ。3本目まででそれなりに納得の写真が撮れてる。こういう時ってなかなかないので先端でなんか見つけようダイブ。水深25mくらいをうろつく・・・・・。
いました3センチほどのいいサイズの赤いイロカエルアンコウ(こちらは後日)。

そんなクダゴンベ祭りでお気に入りの一枚。
c0213806_23364530.jpg

[PR]

by nokgirizame2 | 2012-09-17 23:36 | 水中写真